厄介な顧客とサヨナラするためのガイド

収入の流れを手放すべきかと考えることは、ビジネスにおける難しい選択である。 しかし、少しでもビジネスに携わったことのある人なら、顧客が引き起こした厄介事の正当化のために、こちらの収益が減少してしまうこともあると、認識しているだろう。 対価を支払うクライアントを排除することは、ビジネス・センス的に見ると良くないことかもしれないが、面倒な顧客と仕事の関係を続けてしまうと、社内の士気は低下するし、まともなクライアントを見つけるための時間も、食いつくされてしまうのだ。

原文: http://www.mspbusinessmanagement.com/blog/dropping-troublesome-clients

Advertisements