過度な推測は、あなたの MSP コストを増大させる

IT Solution Provider や Managed Service Provider(MSP)のビジネス・オーナーとして、クライアントに提案/営業するときに、不安を感じたことがあるだろう。 なぜなら、あまりにも高価だと、彼らが捉えていると知った瞬間に、あなたが慌てだしたからである。あなたの提案において、提示されているソリューションが、クライアントにとって不要だという話ではない。 あなたは、彼らが必要とするものを、彼らと正確に共有している。 また、あなたの利益を高めるために、大きなマージンを追加したわけでもない。 実際のところ、提案におけるコストを考えすぎてしまうと、クライアントの好みに合ったかたちで作業が構成され、あなたのマージンが削減されてしまう。

原文: http://www.mspbusinessmanagement.com/blog/why-making-assumptions-can-cost-your-msp-big

Advertisements

上手くいっている TSP は、意思決定から推測を排除している

数多くの TSP(technology solution providers)が重視するのは、可能な限り最高のサービスをクライアントに提供することであり、また、それ実現する方法を常に考え続けている。彼らは熱心に働き、長時間のログインも厭わないが、「 どのように利益を生みだすべきか? どのように顧客のロイヤルティを得るのか? なぜ、思うとおりにならないのか?」という、自問を繰り返しているのも事実である。本当の答えを見つけるために、とても成功している TSP は、自身のデータベースを参照している。 教養に裏打ちされた推測を行う代わりに、彼らはデータベースを活用する。 それにより、自身のビジネスにとって最適な解を引き出すための、事実に基づいた意思決定を実践している。

http://www.autotask.com/blog/details/autotask-blog/2014/08/12/highly-successful-tsps-never-guess