IT の価値の適正化について

あらゆる企業にとって、ITを は成功を約束するための重要な構成要素となる。なぜなら、それらの企業が競争力を維持するには、IT に依存せざるを得ないからである。その結果として、IT への支出は増加している。 Gartner によると、2014年におけるワールドワイドでの IT 支出は、$3.8 trillion に至るとされている。その競争力を維持するためには、 ITSP(information technology service providers)および、MSP(managed services providers)、そして、その他の IT 事業間において、コストのバランスを取る必要がある。

原文: http://www.autotask.com/blog/details/autotask-blog/2014/09/02/the-it-price-is-right

Advertisements

Break-Fix から Managed Services へと移行するための 4つのステップとは?

小規模な  IT リセラーが、この世界で最大の規模と多様性を持つセクションに対して、つまり Small and Medium の領域に、サポートとサービスのビジネスを展開している。その顧客ベースは、どこまで行っても IT は目的を達成するための手段に過ぎない零細企業から、社内に IT 担当者やサポート・チームを抱える企業まで、千差万別である。具体的な例を挙げると、ウイルスからの保護が常に必要なコーヒー・ショップから、子供たちを護りながら、教育ツールとしてインターネットを用いる教育機関にまで、その範囲は広がる。さらに言えば、顧客サービスにおけるニーズが大幅に変化してしまう、HQ に対して常に接続を維持する必要がある、大手銀行の地方支店まで含まれるのだ。

原文: http://www.mspalliance.com/blog/4-steps-transition-break-fix-managed-services/

Block Time を効果的に利用するための 3つの方法

前回のブログ・ポストでは、Block-Time 課金方式を用いて、Break/Fix から Managed Services へと移行した、いくつかの IT Solution Providers について書いてみた。それにより、タイム・ブロックの始まりに請求が可能となり、クライアントのための働くときの効率が向上すると説明したはずだ。このブロック·タイム請求を、あなたの IT 事業に導入するメリットは、クライアントから発行されるべき請求書を待つ必要がなくなり、また、管理の手間が省けるところにある。さらに言えば、常にクライアントが投げかけてきた、小さな質問をキャプチャすることも可能になる。 それらは、以前の方式では、課金されることがなかったものである。

原文: http://www.mspbusinessmanagement.com/blog/3-ways-use-block-time-effectively