ダウンタイムは致命的である – 災害時のデータ退避は万全だろうか?

DR(Disaster Recovery)のプランニングは、すべての企業にとって不可欠なものである。 しかし、それらの企業が IT コンフィグレーションを制御しないとき、災害に備えるために何ができるというのだろう? クラウドのソリューションが一般的になるにつれて、その問題も一般的なものとなってきた。 クラウドのインフラを、テクニカルな面で高度にセットアップしても、それでは不十分である。つまり、卓越したテクノロジーを提供するだけではなく、フレキシブルでオープンなコミュニケーションを約束してくれる、ベンダーとのパートナーシップが必要となる。信頼関係を構築する上で、業界のサーティフィケーションに裏打ちされた、コラボレーション·ドリブンな関係作りから始めることが、とても良いスタート地点となるだろう。

原文: http://www.mspalliance.com/blog/downtime-deadly-data-ready-disaster/

 

Advertisements

ハリケーン・シーズンこそ、ビジネスの継続性について語り合うべきだ

東西の両海岸がハリケーン・シーズンに突入し、それは 11月30日まで続く。あなた自身もしくは、サポートしているクライアントが、ハリケーンの影響を受ける可能性があるなら、いまこそ、その潜在的な余波に対する準備を確認すべき時である。DR を行う際には、まず自宅で、それに取り組むことになるだろう。DR に関連する、あり余るほどの数字と統計がある。 そして、あらゆる企業が、現実世界の災害を経験した後に、生き残るために苦労しているという事実もある。

原文: http://www.mspbusinessmanagement.com/blog/it%E2%80%99s-hurricane-season-time-talk-business-continuity